リトルリーグは1939年アメリカ・ペンシルペニア州ウイリアムスポートで誕生しました。
初めはたった3チームの小さな団体でしたが、各地に仲間がふえ始め、
47年には第1回の世界選手権が開催されるほど世界にも広がっていきます。
64年には、アメリカ連邦政府により野球法人として法律で認可され、
ボーイスカウト・青少年赤十字団などと並んで立派な社会活動の団体として認められました。
現在では100を超える国と地域で、約7,000リーグ300万人が参加しています。
日本でリトルリーグの活動が始まったのは1955年ころ。
はじめは関東連盟だけでしたが、66年には関西連盟、70年には東北連盟が加盟、
以後も北海道、信越などの連盟が生まれ、全国的な組織として年々拡大していきました。
入団できるのは満9歳から12歳の少年少女です。
それ以下の年齢の子供は柔らかいボールで練習します。
入団するには住んでいる地域のリトルリーグに申し込みます。
自分の住んでいる地域にリトルリーグがないなど、特別な理由がない限り、
その地域のリーグにしか入れません。
せっかく入団しても、地域外であると、あとで取り消されることもありますから気をつけてください。
もちろん、親の賛成がなければ入団はできません。
リトルのルールは通常の野球とほとんど変わりませんが、発育途上の子どもたちの体への配慮や、
フェアプレーの精神を尊重するため、 一部独特のきまりがあります。
もっとも大きいのは離塁の制限です。
ふつうの野球の場合、ランナーの離塁は自由ですが、
リトルリーグでは、ピッチャーが投げたボールが打者に届く前や、
打者が打つ前に塁を離れてはいけないことになっています。
もしこれに違反して早くスタートを切ったりすると、もといた塁に戻されたり、
得点が認められなかったりするのです。
ランナーが塁から離れないのですから、ピッチャーは、ランナーがいてもふりかぶって投げられるし、
ランナーをけん制する必要もありません。
投げようとしてボールを落とすなど以外は、ほとんどボークもなし。
また振り逃げがないのもリトルリーグの特徴でしょう。
グラウンドもソフトボールと同じで少し小さめになっています。
試合は6イニングまで。
ピッチャーヘの負担を考慮して、1イニング以上の連投や登板回数にも制限があります。
リトルリーグで使う硬式ボールは、重さが141.7から148.7グラム、周囲が22.85から23.48センチ。
プロ野球と変わりありません。
いきなり重いボールを使うから「ヒジなどに負担がかかる」ともいわれますが、
正しい投げ方をし、自己管理をしっかりすればケガなどはしないものです。
少年少女がやるのですから、グラウンドもソフトボールと同じで距離が短くなっています。
リトルリーグでは、監督やコーチがいつも練習を見ながら、ケガのないようにつねに目を配っていますし、
肩やヒジに負担がかかるような無理な投げ込みにも、いつも目を光らせています。
入念な準備運動をし、投げ方も基本からしっかり身につけることが大事であって、
「硬球だからあぶない」ではなく、「集中して練習しないとあぶない」という事です。
全日本リトル野球協会リトルリーグ委員会公式ページから内容を引用させていただきました。
道具については入団が決まってからスタッフ、父母会に相談して下さい。
細田スポーツさんでも詳しく教えてくれます。
グラブは軟式用でもかまいません。初めは使い慣れたものの方が良いでしょう。
ポジションにこだわらず、オールラウンドタイプのものをお勧めします。

スパイクは金属ではないもの、黒一色でお願いします。
白ライン入りは公式戦では使用できません。

●試合用ユニフォーム
球団からの貸し出しです。皆で使うものですから大事にしましょう!
メジャーは胸に『AGEO』のロゴ。マイナーは漢字で『上尾』です。
左腕にはリトル指定のワッペンが付きます。ほつれに注意してください。
背番号は試合前に渡されます。
襟から番号の上部分を12センチ開けてしっかり縫い付けてください。
●練習用ユニフォーム
白の上下、スポーツ店で練習用として販売しているもので
構いません。
セカンドユニフォームとして紺のシャツも使用しています。
練習試合には全員これを着て臨んでいます。もちろん通常の
練習にも使用しています。
入団されるまでの貸し出し用もありますのでご相談ください。

冬場のグラコンは父母会役員に相談してください。
レンタルがあります。
帽子、アンダーシャツは紺(ネイビー)。
ストッキングは紺にエンジの2ライン。
ベルトは黒でかまいません。
スライディングパンツは必ず着用するようにしてください。